テストタイトル:〇〇についてのアドバイス

タイトル例:ビーチで過ごす休暇の荷造りアドバイス、海水浴の荷物を少なくする5つの方法、子供や家族連れにおすすめのスーツケース


SEOを強化するには、タイトルにキーワードを含むようにしましょう。

短くてキャッチーなタイトルでトピックを紹介したあとは、この投稿の導入部分となる文章を書きます。これは、読者からの注目を獲得するチャンスです。なぜ自分がこのトピックについてアドバイスをするのに適しているか、個人的な経験談などを交えて説明しましょう。このアドバイスを読むことによって回避できるよくある失敗を紹介するのも効果的です。


ブログの流れが自然になるよう、具体的なアドバイスを書き始める前に、もう一度導入部分をまとめる一言を追加しましょう。


アドバイスその1 - 読者を惹きつけましょう


アドバイスその1 - 読者を惹きつけましょう


ブログをシンプルにするために、以下の各ヘッディングのフォーマットはヘッディング 2 に揃えましょう。


アドバイスその2 - より詳しく


その2以降のアドバイスは、より細かいものを選び、手短に説明します。例えばブログの始め方について書く場合は、「どれくらいの頻度でブログを更新するかを伝えましょう。月2回更新できると思う場合は、まず月1回の更新から初めてそれを徹底した方が、読者からの信頼が得られます。」くらいが最適です。


「専門家の言葉などを引用して、ブログの信頼性を高めます。」 - SEO 専門家

アドバイスその3 - 親近感を大切に


個人的な体験談などを加えてみましょう。あなたやあなたのブログ、ウェブサイトが身近に感じられる程、読者との繋がりを強くすることができます。


アドバイスその4 - 色々試す


今日の出来事やハウツー系の投稿、Q&Aなど、毎回違ったフォーマットを試してみることで、どのようなブログが読者の反応が良いのかを知ることができます。参考になるテンプレートがたくさん揃っているので、是非目を通してみてください。


アドバイスその5 - 印象の強いアドバイスで締める


最後のアドバイスは、投稿のまとめに続くものです。「最後のアドバイスは、SEO についての知識を少しでも身につけると、長い目でのブログの成功の心強い味方になるということです。私たちのガイドで SEO についてより詳しいことが学べます。」などと書いた後にリンクを追加すると、たくさんの読者に読んでもらえます。


まとめの一言を忘れずに


最後は手短に、重要なポイントをもう一度言い換えてから、読者にどんな行動をとって欲しいか伝えます。遠慮せずに「今すぐ購入」や「こちらをクリック」「もっと読む」などのボタンを追加してリンクに繋げましょう。記事へのコメントを促すことも読者との距離感を近くするのに効果的です。